ユーカリ グロブルス

 
3mL
5mL
10mL
50mL
100mL
数量:
商品名ユーカリグロブルス(Eucalyptus globulus)
原産国ブラジル
学名Eucalyptus globulus
抽出部位枝、葉
抽出法水蒸気蒸留
香りの系統ハーブ系
香りの強さ
揮発速度トップノート
室内芳香
マッサージ
バス△(肌が弱い方は少なめにご使用ください)
香水
清涼感があるシャープな香りで、最も一般的なユーカリです。
葉はコアラの主食として知られていますが、殺菌作用が強い精油として有名で、 古くから薬や漢方などにも広く利用されています。 日本でも、ユーカリ油は日本薬局方に収載されています。
グロブルスとは、葉に球形の油点(Globular oil glands)から来ていると考えられています。
集中したい時などにお勧めです。 また、風邪の季節にもお勧めです。

使用上のご注意

食品添加物としても使われているグレードですが、絶対に飲用はしないでください。
原液を皮膚につけないでください。
お子様の手の届かないところに保管してください。
火気には十分ご注意ください。
清涼感のあるユーカリグロブルス。
ユーカリオイルは日本薬局方にも収載されており、様々な用途で使われています。

ユーカリグロブルスアロマオイル・精油プロフィール

ユーカリには600を超える種類がありますが、最も代表的な種類はグロブルス(別名ユーカリブルーガム)です。
1792年にタスマニア島で発見され、1800年に入るとイタリアやポルトガルで栽培されていた記録がありますが、実際には18世紀後半には世界中に広がっていたと考えられています。
ほとんどはオーストラリアやタスマニア島ですが、ニューギニア、チモール、フィリピン、アフリカ、インド、ニュージーランド、北南米、等広く栽培されています。
寒さに弱く、乾燥した場所で良く育ちます。
とても生育が早く、生長すると50〜60m、大きいものでは100mを超えることもあります。

”ユーカリ”の語源は、ギリシャ語で”よく覆った”という意味で、”グロブルス”は葉に多くの油点があることに由来しています。

精油が採れるユーカリは、下記が知られています。
Eucalyptus globulus(ユーカリグロブルス)
Eucalyptus citriodora(ユーカリシトリオドラ,ユーカリレモン)
Eucalyptus radiata(ユーカリラディアータ)
Eucalyptus australiana
Eucalyptus macrathuri
Eucalyptus dives
Eucalyptus staigeriana
コアラが好きなユーカリは、Eucalyptus punctataという種類です。

オーストラリアにある世界遺産のグレーターブルーマウンテンには、世界の1/8のユーカリがあると言われています。
ブルーマウンテンの由来は、ユーカリの精油が高温になると、蒸発して青い霧のようになることが由来です。
ユーカリの精油は非常に燃えやすい性質を持っていますがこれは繁殖のためと言われています。
ユーカリの種は熱などの高温ではじけるのですが、それを精油を燃やしてはじけさせて繁殖するそうです。
自身の木は火にも強いため生き残り、周囲の樹木を燃やしてしまう。
生命力の強い樹木です。

日本薬局方にもユーカリグロブルスが収載されています。
主に、うがい薬や痰を取る薬などに使われています。
ただし、日本薬局方の精油は、近親植物からの精油でも良いことになっていますので、注意が必要です。

ユーカリグロブルスの働き

心への働き
・イライラした気分を落ち着かせてくれます。
・集中力を高めてくれます。

体への働き
・風邪や花粉の季節に。

肌への働き
・油っぽい髪やふけが気になる時。

ユーカリグロブルスの学術情報

ユーカリを呼吸器の粘膜炎症に用いて、有効性が示唆されています。
 (出典:健康食品データベース 第一出版 Pharmacist's Letter/Prescriber's Letterエディターズ編)

ユーカリを去痰薬として使用する場合、有効性が示唆されています。
 (出典:健康食品データベース 第一出版 Pharmacist's Letter/Prescriber's Letterエディターズ編)

健康な成人15名を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験で、ユーカリ抽出物0.3%含有のガムを4日間、1日3回、10分間かんだところ、プラーク形成を抑制しました。
 (出典:J Oral Sci. 1998 Sep;40(3):115-7.)

ユーカリの精油成分が抗菌作用をもっていることが示唆されています。
 (出典:Biosci Biotechnol Biochem. 2011;75(10):1977-83. Epub 2011 Oct 7.)

ユーカリグロブルスの香気成分

1,8-Cineol,α-Pinene,β-Pinene,Limonene,Camphene,δ-3-Carene,cis-Ocimene,γ-Terpinene,p-Cymene,
α-Gurjunene,Isolongifollnen,Aromadendrene,Alloaromadendrene,Linalool,Terpinen-4-ol,Terpineol,
Carvone,trans-Pinocarveol,Globulol,Ledol,α-Terpinyl acetate,Geranyl acetate,α-Cubebene,Copaene,他

当ホームページの情報は、信頼できると判断した情報に基づき作成されておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
精油をご使用の際はご自身の体調に合わせて、自己責任でご使用ください。
Page Top、ページのトップに戻る