ネロリ

 
1mL
3mL
5mL
10mL
数量:
商品名ネロリ(Neroli)
原産国チュニジア
学名Citrus aurantium
抽出部位
抽出法水蒸気蒸留
香りの系統フローラル系
香りの強さ
揮発速度ミドルノート
室内芳香
マッサージ
バス
香水
みかんの花に良く似た、フローラルな香りです。
ビターオレンジの花から採れる精油です。 柑橘類のようなさわやかさと、繊細なフローラルさを併せ持った素晴らしい香りです。
ビターオレンジからはネロリのほか、枝葉からは「プチグレン」の精油が採れます。 その貴重さゆえに、プチグレンが混ざっているものも流通していますが、本当のネロリの香りはフレッシュ感、奥深さ、純粋さ、繊細さ、シトラス感を兼ね備えた、繊細で透き通った香りです。
1本の木から、約10kg程度の花が採れますが、精油は0.1%しか採れません。 つまり1本の木から、精油が10gしか取れない計算になります。
17世紀イタリア・ネロラ公国の公妃が好んだことから名づけられました。
不安・緊張がある時や良く寝付けない時などにお勧めです。

使用上のご注意

食品添加物としても使われているグレードですが、絶対に飲用はしないでください。
原液を皮膚につけないでください。
お子様の手の届かないところに保管してください。
火気には十分ご注意ください。
とても小さな、ビターオレンジの花から採った、貴重な精油です。
みかんの花に似た香りをもっています。

ネロリアロマオイル・精油プロフィール

柑橘の花から採った精油をネロリと呼びますが、最も品質が良い香りとされているのは、ビターオレンジの花由来のネロリビガラードです。 他に、レモン、マンダリン、スイートオレンジの花から採った精油もありますが、品質は圧倒的に劣ります。(以下、ネロリ=ネロリビガラード)
枝葉からはプチグレンビガラード、果皮からはビターオレンジオイルが採れます。
また、ビターオレンジの花から溶剤抽出をした、オレンジフラワーアブソリュートも流通していますが、ネロリと比べると、重く厚みのある香りです。
栽培に手間がかかる植物で、植えてから4年は花が咲きません。花が咲くようになると1本の木から10kg、多い時で15kgほどの花を集めることができます。
収率は約0.1%なので、1本の木から10gのネロリオイルしか取れない計算になります。
ネロリは、過去にはフランスのグラース近辺で栽培されていたのですが、現在はチュニジア、モロッコ、エジプトなどで栽培されています。

ネロリの特徴ある香りは、グレープのような香りを持ったメチルアンスラニレート、ジャスミンのようなジャスモンの存在が大きいですが、インドールという臭い成分が微量入っていることにより、独特の重厚感のある香りがあると言えます。

その貴重さ故に、偽物が多く出回っている精油の一つで、ネロリの生産量は3大生産国で約1.5〜2トン程度のはずですが、実際にはなぜかかなり多くの量が流通しているのが実情です。
他の柑橘系の花から採った精油、枝葉のプチグレンが混ぜられたものまたはそのもの、合成品が混ぜられたもの、ビターオレンジが混ぜられたもの、花と枝葉を混ぜて抽出したものなど、偽和された精油がたくさん流通しているのが残念です。
何度もそういった偽物の売り込みを受けましたが、ほとんどのものは分析せずともわかるレベルでしたが、良くできた合成品が混ぜられたものなどもあるので注意が必要です。
本物のネロリビガラードはビターオレンジの花だけから採った純粋な精油で、フレッシュ感、奥深さ、純粋さ、繊細さ、シトラス感を兼ね備えた、繊細で透き通った香りです。

ネロリという名前は、17世紀イタリアのネロラ公国の公妃アンナ・マリアが香りを愛したことから名前が付きました。当時のイタリア社交界では手袋に香りをつけることが流行していましたが、公妃はネロリを手袋に使用していたそうです。
ビクトリア王朝時代にはオーデコロンの一つの成分としてネロリが使用されるようになりました。現在でも高価なオーデコロンにはネロリが使用されています。

ネロリの働き

心への働き
・気持ちを落ち着かせ、リラックスさせてくれます。
・交感神経を落ち着かせるため、睡眠の助けとなります。
・ホルモン様の作用があるネロリドールという成分にはエストロゲン様の作用があり、PMSや更年期の時に適しています。
体への働き
・おなかが緩い時に整えてくれる効果があります。
・血行が気になるときに適しています。

皮膚への働き
・肌細胞の成長を促進してくれる作用があり、ハリを改善してくれます。
・妊娠線が気になるとき。

ネロリの学術情報

女子学生90人にラベンダー、ネロリ、プラセボを比較した結果、ラベンダーとネロリにリラックス作用と心臓や肌の緊張が緩和したことから、ネロリは鎮静作用や肌を整える効果があることが示唆されています。
 (出典:Psychol Rep. 2004 Jun;94(3 Pt 2):1127-36.)

ネロリの香気成分

Linalool,Limonene,α-Pinene,trans-β-Ocimene,Linalyl acetate,α-Terpineol,Farnesol, Geranyl acetate,trans-Nerolidol,Neryl acetate,α-Pinene,Indole,Methyl anthranilate, Geraniol,Nerol,Citronellol,他

当ホームページの情報は、信頼できると判断した情報に基づき作成されておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
精油をご使用の際はご自身の体調に合わせて、自己責任でご使用ください。
Page Top、ページのトップに戻る