サンダルウッド

 
1mL
3mL
5mL
10mL
数量:
商品名サンダルウッド(Sandalwood)
原産国インド
学名Santalum album
抽出部位樹木
抽出法水蒸気蒸留
香りの系統樹木系・オリエンタル系
香りの強さ
揮発速度ベースノート
室内芳香
マッサージ
バス
香水
甘く広がる持続性のあるウッディーな香り。 時間が経つほど、甘く良い香りが漂います。 日本語ではビャクダン(白檀)と呼ばれ、お香などでおなじみの香りです。
インドネシア産とは全く異なる、深く甘い香りです。
残念ながら、インド産は資源枯渇が危惧されており、生産量がコントロールされています。 現在では、伐採したら植林する義務があります。
良い精油がとれるまでには60年かかるため、大切に楽しみたい精油の一つです。
心を落ち着かせて、穏やかにしてくれる香りです。

使用上のご注意

食品添加物としても使われているグレードですが、絶対に飲用はしないでください。
原液を皮膚につけないでください。
お子様の手の届かないところに保管してください。
火気には十分ご注意ください。
日本語では、白檀(ビャクダン)、檀香とも呼ばれるリラックス系の樹木の香り。 育つまで長い時間がかかる貴重な樹木の精油です。

サンダルウッドアロマオイル・精油プロフィール

通常サンダルウッド(Santalum album)は、東インド産を指しますが、ジャワ島、ボルネオ、スリランカなどでも見られます。
精油として圧倒的に品質が良いのは東インド産で、甘く雑味がない深い香りをもっています。
東インドでもマイソール州を中心としたインド南部が栽培の中心になっています。
オーストラリアで採れるサンダルウッドは変種で、学名が異なり植物の起源が異なるため、香りが違います。
(Santalum spicatum、Santalum lanceolatun、Eremophila mitchelli、Santalum lanceolatumなど)

高さ3〜4m程度の木で、中心部の心材と周辺部の辺材からなっています。
辺材は色が白く、香りが弱いですが、心材は淡黄色から黄褐色でで光沢と強い香気があり、心材から多く精油が採れます。
収油は48時間〜72時間かけてゆっくり行われ、収油率は4.5〜6.25%程度です。
日本には、中国を経て、671年天智天皇の時に伝えられたことが日本書記に記されています。
ヨーロッパに本格的に伝わったのも、17〜18世紀以降と比較的遅いと言われています。

その香りのすばらしさから需要は大きく、精油だけでなく、仏像、扇子などの工芸品、薫香、練香、線香等にも使われます。
その結果、多量にサンダルウッドの樹木が伐採され、絶滅寸前にまで追い込まれました。
現在では、計画的に伐採と植樹を行っているため、量は少なく価格が大きく高騰はしましたが供給は継続することができています。

サンダルウッドの働き

心への働き
・鎮静効果で、心を落ち着かせてくれます。
・性生活の助けになります。

体への働き
・喉の調子が悪い時に。

肌への働き
・肌が固い時。
・ひび割れなどが気になる時。

サンダルウッドの学術情報

サンダルウッドの抽出物に、グラム陰性菌9種類とグラム陽性菌5種類への影響を試験したところ、抗菌活性を示しました。
 (出典:Lett Appl Microbiol. 2012 Dec;55(6):476-86. doi: 10.1111/lam.12005. Epub 2012 Oct 26.)

サンダルウッドとフランキンセンスの精油を膀胱がんの細胞に対する効果を確認したところ、膀胱がん細胞に対して抗炎症効果を示し細胞の増殖を抑えました。
 (出典:Chin Med. 2014 Jul 2;9:18. doi: 10.1186/1749-8546-9-18. eCollection 2014.)

サンダルウッドの香気成分

α-Santalene,β-Santalene,α-Santalol,β-Santalol,epi-Santalol,trans-β-Santalol,cis-Linalool,
cis-Nuciferol,Geraniol,Citronellol,α-Terpineol,Tersantalal,4-Methyl-cycloxex-3-en1-yl methyl ketone,
α-Santalic acid,β-Santalic acid,Tricyclodecasantalaic acid lactone,Borneol,Isovalelaldehyde,
p-Methyl acetophenone,Santalone,α-Teresantalic acid,o-Cresol,m-Cresol,Guaiacol,Eugenol,1-Furylpyrrole,他

当ホームページの情報は、信頼できると判断した情報に基づき作成されておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
精油をご使用の際はご自身の体調に合わせて、自己責任でご使用ください。
Page Top、ページのトップに戻る