ジャスミン

 
1mL
3mL
5mL
10mL
数量:
商品名ジャスミン(Jasmin)
原産国インド
学名Jasminum grandiflorum
抽出部位
抽出法溶剤抽出
香りの系統フローラル系・オリエンタル系
香りの強さ
揮発速度ミドルノート
室内芳香
マッサージ△(肌が弱い方は少なめにご使用ください)
バス
香水
甘く濃厚なフローラルな香りです。
ジャスミンの原産地はネパールと言われています。 原産地に近いインド産のジャスミンは、高く評価されています。
一般的なジャスミンである本品は甘く濃厚です。 インドールという甘く持続する成分が入っているのがその所以です。 一方、ジャスミンサンバックはインドールが含まれていないため、瑞々しい香りです。
花は日没後に開花、夜半過ぎに満開となり、香りが良く調和する朝早い時間に収穫します。 インドでコンクリートという形まで抽出され、さらにフランスでアブソリュートになります。
気持ちを落ち着かせたい時にお勧めです。

使用上のご注意

食品添加物としても使われているグレードですが、絶対に飲用はしないでください。
原液を皮膚につけないでください。
お子様の手の届かないところに保管してください。
火気には十分ご注意ください。
古代エジプトのクレオパトラも愛していた、ジャスミンの香り。 インドでは夜の女王とも呼ばれており、リラックス効果が高い香りです。

ジャスミンアロマオイル・精油プロフィール

ジャスミンはもともとは、インド北部のネパールと言われており、現在ではインド、エジプト、モロッコが主産地で、
フランス、イタリア、アルジェリア、スペインなども少量ですが産地です。
フランスのグラースは20世紀初頭までは有名な産地でしたが、徐々に減少し現在では商業的な生産は行われていません。
私たちのジャスミンは、主にインドのコインバトールとマドゥライという地域で生産されています。

ジャスミンはイランを経由して、エジプトに入りました。古代エジプトの庭園に植えられていたそうです。
さらに、スペイン、フランスと人の手で伝わりました。

ジャスミンは水蒸気蒸留をすると香りが著しく変わってしまいます。 昔はアンフルラージュ法という抽出方法が用いられていましたが、現在ではアブソリュート法によって生産されています。 大体8、9月が花の最盛期です。日が暮れると花が開きだし、夜半をすぎると満開になります。
その後、午前5時〜9時頃に採取すると、香りがまとまり良い香りのジャスミンを取ることができます。
時間が早すぎると香りがばらばらでまとまりがなく、遅いと香りが飛んでしまいます。
採取後もすぐに抽出を行い、1時間以内に中間体のコンクリートという形態に抽出されます。
ここまで、時間の勝負です。本当に繊細なジャスミンの香り。
コンクリートは、フランスなどの精油メーカーに運ばれて、アブソリュートへ加工されます。

ジャスミンの名前の由来は、アラビア語のヤーサミーン、ペルシャ語のヤーサマンと言われています。
多くの国王、皇帝たちの庭園を香りで満たしてきました。

ジャスミンとジャスミンサンバック

アブソリュートが採れるジャスミンとして、ジャスミンサンバックもあります。
ジャスミンサンバック(茉莉花)はジャスミンティーに使われます。
大きな違いは、ジャスミンサンバックには甘く重たい香りのインドールが含まれていない点です。
インドールが含まれている通常のジャスミンは甘く濃厚な香りです。
一方、インドールが含まれていないジャスミンサンバックは、みずみずしいさわやかな香りです。

ジャスミンの働き

心への働き
・気持ちを落ち着かせてくれます。
・情緒不安定を和らげてくれます。
・ストレスを和らげてくれます。

体への働き
・月経や更年期症状がつらい時に。

ジャスミンの学術情報

ジャスミンのにおい刺激によって、血管の進展性が良くなることが示唆されています。
 (出典:Journal of International Society of Life Information Science 24(2), 332-336, 2006-09-01)

ジャスミンのにおいが自律神経に与える影響を、パワースペクトルのHFとLF成分の変化から調べた結果、LF成分が優位に増大しました。これは、副交感神経の活動が増大することを示唆しています。
 (出典:Journal of International Society of Life Information Science 24(1), 121-125, 2006-03-01)

ジャスミンの香気成分

Linalool,Benzyl alcohol,Geraniol,Farnesol,Nerol,α-Terpineol,Nerolidol,Isophytol,Phytol,Geranyl linalool,
cis-3-Hexenol,Benzaldehyde,Vanillin,cis-Jasmone,6-Methyl-5-heptene-2-one,Benzoic acid,
6,10,14-Trimethylpentadeca-2-one,Arachidic acid,Benzyl acetate,Benzyl benzoate,Methyl anthranilate,
cis-3-Hecenyl benzoate,Methyl palmitate,Methyl linolenate,Methyl jasmonate,Ethyl jasmonate,
Methyl dihydrojasmonate,cis-3-Hecenyl acetate,cis-3-Hecenyl propionate,cis-3-Hexenyl isobutyrate,
Jamonyl acetate,Phytyl palmitate,Phytyl linolenate,Phytyl oleate,Methyl nicotinate,Ethyl nicotinate,
Jasmin ketolactone,γ-Hexalactone,γ-Heptalactone,γ-Octalactone,γ-Nonalactone,Jasmin lactone,
Methyl N-acetyl anthranilate,Methyl N-methylanthranilate,p-Cresol,Eugenol,Indole,他

当ホームページの情報は、信頼できると判断した情報に基づき作成されておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
精油をご使用の際はご自身の体調に合わせて、自己責任でご使用ください。
Page Top、ページのトップに戻る