オレンジスイート

 
3mL
5mL
10mL
50mL
100mL
数量:
商品名オレンジスイート(Orangesweet)
原産国アメリカ
学名Citrus sinensis
抽出部位果皮
抽出法圧搾
香りの系統シトラス系
香りの強さ
揮発速度トップノート
室内芳香
マッサージ△(肌が弱い方は少なめにご使用ください)
バス
香水△(弱い光感作性があり、注意が必要です)
フレッシュなオレンジの果皮の香りです。 食用のバレンシアオレンジの果皮から抽出されます。(中身は果汁になります)
オレンジの原産は中国の奥地と言われていますが、 現在ではアメリカ、ブラジル、メキシコなど広く栽培されています。
本品はアメリカ産で、品質が高いことが知られています。 香りが少し重めのブラジル産と比べると、スイートなフレッシュ感が特徴です。

使用上のご注意

弱い光感作性があるため、肌に付いた場合は紫外線に注意してください。
食品添加物としても使われているグレードですが、絶対に飲用はしないでください。
原液を皮膚につけないでください。
お子様の手の届かないところに保管してください。
火気には十分ご注意ください。
オレンジの種類は多いですが、最も一般的なスイートオレンジ(Citrus sinensis)。 その果皮から精油を採ることができます。

スイートオレンジアロマオイル・精油プロフィール

世界で作られている柑橘の中でも、最も生産量が多いのがスイートオレンジです。
種類としては、コモンオレンジ系(バレンシア、ペラ等)、ネーブル系、ブラッド系に大別されています。
オレンジは、もともとはアッサム地方に自生していました。それがヒマラヤを超え、中国に広く広がりました。その後、十字軍の遠征でヨーロッパに伝わり、世界中に広まりました。その後、突然変異や交配により非常に多くの品種に分かれました。
ほとんどのオレンジで精油が採れますが、精油は果汁を採った後の副産物であり、精油だけで採取しているというわけではありません。

バレンシアオレンジは最も生産量が多いオレンジで、やや球形から少し細長い円形をしており、果皮の厚みは中くらいです。果肉が橙黄色で、柔らかく果汁が多いのが特徴です。酸味と甘みが強く、香りも強いのが特徴です。

オレンジの産地は、北緯40度から南緯40度ぐらいの亜熱帯から温帯にかけて多く、ブラジル、アメリカ、イタリア、スぺイン、メキシコ、イスラエルなどが主な産出国です。

柑橘類の精油は、果皮、果汁から採ることができますが、一般的に流通しているのは果皮由来のピールオイルです。果汁由来の精油(ジュースオイルやエッセンスオイルと呼ばれます)はジュースのような香りを持っています。
果皮をひねると、つぶつぶとした液体が出てくると思いますが、それが精油(ピールオイル)です。
ピールオイルは果皮の表面部にあるフラベドという油胞に存在しており、そこに傷をつけてやることにより精油が出てきます。

果皮から精油を採る方法はいくつか開発されています。過去には人の手で行うエキュール法、海綿法などが行われていましたが、現在は機械での採油が主流です。機械で絞ったほうがスピードが速く、負担がかからないので、良い香りの精油を採取することができます。
機会の中でも、FMC社のIn-Line搾汁機が主流で、果汁を絞ると同時に精油を採取することができます。

オレンジオイルは安価な精油の部類に入るので、様々な用途が考えられています。
主成分のリモネンなどのテルペン類は、油汚れを取る力が非常に強いので、クリーナーなどに利用されています。
張り付いて剥がれなくなった、ラベルをはがしたりするのにも有効です。

オレンジに限らず、シトラス系は全般的にとても香りが劣化しやすいです。酸化して、石油のような香りが出てきてしまいます。室温に1か月も放置すると敏感な人だと変化を感じ取ることが出来ると思います。
劣化を防ぐためには、遮光して冷蔵保管することが重要です。

スイートオレンジの働き

心への働き
・心を明るく元気にしてくれます。
・不安を取り除いてくれます。
・緊張やストレスを取り除き、リラックスさせてくれます。
・オレンジと混ぜて使用することにより、認知症対策に。
 (2014年2月25日放送のみんなの家庭の医学で紹介されました。)

体への働き
・食欲がない時、消化がすぐれない時、便秘などの時に適しています。

肌への働き
・肌が疲れている時。

スイートオレンジ(ピールオイル)の香気成分

D-Limonene,Myrcene,α-Pinene,Sabinene,Valencene,β-Copaene,β-Caryophyllene,β-Farnescene,Linalool,
α-Terpineol,cis-3-Hexenol,trans-2-Hexenol,Octanol,Hexanol,1-Pentene-3-ol,Citronellol,Geraniol,
Nerol,Terpinene-4-ol,Actaldehyde,Hexanal,trans-2-Hexanal,Octanal,Nonanal,Decanal,Undecanal,
Cironellal,Geranial,Neral,Nootkatone,Octyl acetate,cis-Linalool oxide,trans-Linalool oxide,他

当ホームページの情報は、信頼できると判断した情報に基づき作成されておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
精油をご使用の際はご自身の体調に合わせて、自己責任でご使用ください。
Page Top、ページのトップに戻る