アガーウッド

 
1mL10%希釈
3mL10%希釈
5mL10%希釈
10mL10%希釈
1mL希釈なし
3mL希釈なし
5ml希釈なし
10ml希釈なし
数量:
商品名アガーウッド(Agarwood)
原産国ラオス
学名Aquilaria agallocha
抽出部位樹木
抽出法水蒸気蒸留
香りの系統樹木系
香りの強さ
揮発速度ベースノート
室内芳香
マッサージ×
バス×
香水
「伽羅」「沈香」として知られる香木から採った本当に貴重な精油です。
低温で凝固するため、使いやすいように10%に希釈しています。
未希釈品も販売しています。
傷をつけて樹脂が出てきた木材を、チップにして蒸留します。
鋭い刺激がいつまでも記憶に残り、サンダルウッドのような甘さ、酸っぱさ、辛みを合わせもった、優雅で奥深い香りです。 市販の沈香のお香は、合成香料がほとんどですが、本物の香りはとても不思議な香りです。
その歴史は古く、5000年以上前から使用されたと言われ、聖書やコーランにも記述があります。
沈香の木はワシントン条約の対象となっています。本品はラオスの契約農園で、大切に栽培しています。

使用上のご注意

絶対に飲用はしないでください。
原液を皮膚につけないでください。
お子様の手の届かないところに保管してください。
火気には十分ご注意ください。
希釈溶媒に化粧品の保湿剤等で使われる安全性の高いDPGを使用しています。
日本語では沈香(ジンコウ)と呼ばれる、アガーウッド。
その複雑な香りは、言葉では表現することができない香りです。

アガーウッドアロマオイル・精油プロフィール

沈香となる、沈香樹は、主にインドに分布しているAquilaria agallocha、ベトナムなどのA.maraccensis、中国のA.sinensisなどがあります。
沈香の名前の由来は、その名の通り「水に沈む香木」、ということに由来します。沈香は香気成分を含む樹脂分が非常に多く、そのため比重が大きく水に沈みます。
一般的には、その木の小片をそのまま焚いて用いられることが多く、日本では香道や高級なお線香で使用されます。とはいえ、お線香は沈香の香りと書いてあっても、沈香が入っているケースは少ないので注意が必要です。
香道では香木ごとに香りが異なり、また焚き方で香りが変わるぐらい繊細ですが、その分香りの違いを楽しむことができます。
正倉院にある国宝「蘭奢待(ランジャタイ)」は日本で最も有名な沈香です。このサイズだと国宝になるぐらい、貴重と言えます。

純粋なアガーウッドオイルは、黄金色から黄褐色の粘性のある液体です。(当店では粘性が高く使いにくいため10%に薄めています)
アガーウッドオイルにサンダルウッドオイル、植物油、流動パラフィンなどを混ぜたものが、Agar attarとして、オリエント諸国で販売されています。

アガーウッドの香気成分

α-Agarofuran,β-Agarofuran,Dihydroagarofuran,Norketoagarofuran,4-Hydroxydihydroagarofuran,
Agarospirol,Jinkohol,Benzyl acetone,Isoagarospirol,α-Curcumene,Nerolidol,他

当ホームページの情報は、信頼できると判断した情報に基づき作成されておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
精油をご使用の際はご自身の体調に合わせて、自己責任でご使用ください。
Page Top、ページのトップに戻る